人気出会い系サイトでは距離感が縮まるはずですよ

メールというのは現実の世界では手紙ということになるでしょう。
手紙を送る場合、色々なマナーや形式がありますよね。
例えば、「拝啓」から書き始めて「敬具」で〆るなんていうようにです。
それではメル友とメール交換をするときにも、このような形式は必要なのでしょうか?
やり取りをするすぐやれる相手との関係性や年令によって変わってくる場合もありますが、一般的にはこのような堅苦しい文章を書く必要はないと思います。
もちろん、メールの文面が顔文字や絵文字で溢れていれば、なれた印象を与えますし、男性が使う絵文字、顔文字を嫌いという女性もいますから、気をつけるところはあるでしょう。
メールの最後に「返事をお待ちしております」と言った文言は必要ありません。
メールであれば一応返信をするのがマナーになっていますから、メールを貰ったすぐやれる相手はできるだけ早く返信するべきですし、もしも返信がこないようであれば、あなたに対して、それほど興味が無いということか、人気出会い系サイトのマナーの守れない人間と思えばいいだけのことです。
最初の段階ではお互いに親しい間柄ではないので、ある程度の礼節は必要になりますが、徐々に敬語から普段の言葉に変えるようにしていきたいものです。
いつまでも敬語では、親しい感じはしませんからね。
敬語を止めるきっかけが見つけられない時には、「自分から普通の言葉で話しませんか?
」と、問いかけてみると良いのではないでしょうか。
きっと距離感が縮まるはずですよ。